ゼファルリン 健康被害 苦情

ゼファルリンの健康被害や苦情が省庁に届いてる?

苦情

ゼファルリンに消費者庁や厚生労働省、消費生活センターに健康被害や苦情の報告って来てるんでしょうか?
正直、毎日飲むサプリメントなので、万が一健康被害や苦情の報告があるような代物だったら手を出したくないですよね。
そこで、消費者庁、厚生労働省、消費生活センターのホームページで以下の3点のキーワードを検索してみました。

  • ゼファルリン
  • 増大サプリ
  • 精力剤

他にも「サプリメント」なんてワードでも検索したんですが、ヒット数があまりにも多く、増大サプリ系はヒットしなかったのでここでは割愛します。
さて、「ゼファルリン」、「増大サプリ」、「精力剤」の3つのワード検索したらどうなったか?

 

消費者庁

消費者庁

  • ゼファルリン:0件
  • 増大サプリ:0件
  • 精力剤:2件

消費者庁では「精力剤」で2件ヒットしました。
そのうち1件は以下のような内容でした。

「消費者情報ダイヤルに寄せられた情報の中から、注意を要すると思われる情報について公表します。
〜省略〜
なお、これらは、消費者情報ダイヤルに寄せられた情報の概要であり、現時点において、調査等により事実関係が確認されたものではなく、違法性・不当性等に関し、消費者庁として評価を行ったものではありません。」

この情報の中に「虚偽広告」として「精力剤」があり、「精力剤通信販売の新聞広告」が偽物の広告なんじゃないか、ってことみたいです。
ここでは「精力剤」としての大きなくくりなので、どんな精力剤が虚偽の広告に当たったのかまでは不明です。

 

消費者庁にゼファルリンに関する健康被害や苦情の情報はありませんでした。

 

 

厚生労働省

厚生労働省

  • ゼファルリン:0件
  • 増大サプリ:0件
  • 精力剤:6件

厚生労働省も精力剤では6件ヒットしました。
この6件のうち、興味深いものが合ったので紹介します。
「医薬品成分を含有するいわゆる健康食品による健康被害に注意」という内容で、「強壮効果を目的として使用される製品」で「57製品中53製品から、以下の7種の医薬品成分が検出されました。」っていう内容がありました。

 

相変わらずお役所は小難しい言葉が好きなので分かりづらいですが、要は「精力剤」はサプリメントなので医薬品に該当する成分を使ってはいけないのですが、医薬品成分を使った精力剤が販売されてました、って話です。
その医薬品成分とは以下の7つ。

  • シルデナフィル
  • タダラフィル
  • ヒドロキシホモシルデナフィル
  • ヒドロキシホンデナフィル
  • アセチルアシッド
  • ホンデナフィル
  • イミダゾサガトリアジノン

舌を噛みそうな名前ばっかりなので、「ふーん」くらいに思ってもらえればいいです。
これらは医薬品成分であるため、薬に含まれているのはOKなのですが、サプリメントに含めるとNGになります。
なぜなら、強い効果と引き換えに以下のような副作用が確認されているからです。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 鼻閉(鼻づまり)
  • 心悸亢進(動悸)
  • 潮紅(赤ら顔)
  • 消化不良

シルデナフィルなどの7つの医薬成分は医師の診断の元、患者が飲むのはOKです。
そのため、ED治療薬のバイアグラやシアリスには含まれています。
しかし、精力剤はサプリメント(健康補助食品)に分類されるため、医薬成分の配合は禁止されているのです。
このことは覚えておいて損はないですよ。

 

厚生労働省のホームページにはシルデナフィルなどの7つの医薬成分が含まれている精力剤を紹介しています。
その数何と360!
って多すぎだろ!ってツッコミを入れたくなるほど多いです。
ほとんどがアメリカ、中国、韓国、台湾、マレーシア産なのですが、中には日本産の精力剤もあります。

 

厚生労働省の「医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について」のページは以下のリンクから見ることができます。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/other/050623-1.html

 

注意が必要なので上記サイトに載っている精力剤は使わないようにしましょう。
ちなみに厚生労働省では、ゼファルリンの健康被害や苦情の報告はありませんでした。

 

 

消費生活センター

消費生活センター

  • ゼファルリン:0件
  • 増大サプリ:0件
  • 精力剤:0件

独立行政法人の国民生活センターで上記を調査したんですが、最後に紹介するのに一番つまらない結果になってしまいました。
ここでもゼファルリンの被害報告はありません。

 

 

口コミでは厚生労働省から健康被害が上がっている?

ゼファルリン

ネット上の口コミに、厚生労働省からゼファルリンに関する健康被害や苦情の報告が上がっている、なんて情報があるようです。
しかしこれは、先ほど紹介したように、真っ赤な嘘。
ゼファルリンは基本的に天然成分しか配合していませんし、当然、医薬成分も使っていません。
健康被害や苦情が出るとしたら過剰摂取の場合のみでしょう。

 

ゼファルリンはカプセルとタブレットの2種類があり、それぞれを1日2錠ずつ飲むのが用法用量になっています。
最も効果の出る飲み方は「ゼファルリンの飲むタイミングと効果的な飲み方」のページにて詳しく紹介していますが、1日に4錠以上飲むことがなければ、まず間違いなく副作用は出ません。
健康被害や苦情も出ません。
なぜなら、厚生労働省が認可していない医薬成分を含んだサプリメントではないからです。
さらに増大サプリの業界では、他に類を見ない販売実績5年以上というロングセラーを実現しているもの安全面に高い評価を得ている証拠でしょう。
ちなみに、通常の増大サプリは2〜3年で姿を消すのが通例です。
そんな業界で5年以上の販売実績があるのはゼファルリンの他ありません。
だって、実際に私が2箱飲んでも何の健康被害も無かったんですから。

 

そんなゼファルリンを実際に飲んだ私の体験談も併せて読んでみて下さい。